骨盤のゆがみと癖

骨盤のゆがみの原因の一つに癖があります。普段から癖には気をつけておきたいですね。

サイトマップ

骨盤のゆがみと癖
トップページ > 骨盤のゆがみ > 骨盤のゆがみと癖

骨盤のゆがみと癖

骨盤のゆがみの原因の一つに癖があります。癖というのは怖いもので意外と普段、何気なく行なっている姿勢や癖が原因で、悪い方向へと進み、骨盤がゆがんでしまうということもあるのです。

知らない間に骨盤画ゆがんでしまっているということも多いですから、普段から癖には気をつけておきたいですね。例えば、女性に多い癖の一つとしてハイヒールがあります。

ハイヒールを毎日履いて歩いている人、日常生活を送っている人などは、もしかすると、どちらか片方の足に重心がかかっているかもしれません。それは骨盤のゆがみにもつながるのです。

また足を交差させたようなポーズで足を組んでいる人やいすに座るときに足を組む人、立っているときにも足をクロスさせているという人も、どうしても骨盤がゆがみやすいですから気をつけなければいけません。

それだけではありません。寝ているときの姿勢も骨盤のゆがみにつながります。寝ているときの姿勢がうつ伏せであるという人は気をつけたほうがいいでしょう。

できるだけこうした癖を直していった上で、骨盤をゆがませないためには日ごろから、重心を両方にかけて生活をする事が大切です。左右均等にかけなければ骨盤はゆがんでしまうのです。

バッグを肩にかける場合にも注意です。どうしてもどちらか片方にかける癖がある人が多いですが、どちらか片方にかけるのではなくて均等にかけたほうがいいでしょう。

日ごろから自分の癖について少し考えて意識するだけでも、骨盤のゆがみなどを解消させること、骨盤矯正をする事につながり、それは自然に骨盤ダイエットにもつながるのです。