腹筋を鍛えて骨盤を正す

骨盤自体を鍛えることも大切ですが、それを支える、腹筋を鍛えることも骨盤矯正には大切なことなのです。

サイトマップ

腹筋を鍛えて骨盤を正す
トップページ > 骨盤のゆがみ > 腹筋を鍛えて骨盤を正す

腹筋を鍛えて骨盤を正す

腹筋を鍛えることで、ゆがんでしまった骨盤を、正しい場所に戻すことができます。腹筋が、骨盤を支えているためです。

腹筋の力が弱まって骨盤を支える力が弱くなると、少しの圧力で、骨盤がゆがんでしまいやすくなります。また、正しい位置に戻りにくくなってしまいます。

骨盤自体を鍛えることも大切ですが、それを支える、腹筋を鍛えることも大切なのです。

骨盤は、腹直筋、腹斜筋、腹横筋の3つの腹筋によって支えられています。運動不足になりがちな現代人は、これらの腹筋が弱くなりがちです。

若い人でも、腹筋の筋力が低下し、ゆがんでいる人が意外と多いものです。腹筋は、普段の生活で鍛えることは難しいです。だから、意識的に、鍛えることが必要になってきます。

腹筋を鍛えるためには、言わずもがな、腹筋が一番です。毎日腹筋をすると、筋力がどんどん高まっていきます。

ただ、腹筋を毎日行うのは、負担と考える人も多いかもしれません。

そんな時は、あえてトレーニングとしての腹筋運動を行うのではなく、普段の生活の中で、意識的に、腹筋を使うように配慮するといいかもしれません。 

例えば、通勤時、電車の中で意識的に腹筋を動かしたりするだけでも、鍛えられていきます。毎日の通勤時間を利用して、鍛えましょう。

そのほか、生活のあらゆる場面で、意識さえすれば、鍛えられる機会は多いものです。スリムなボディと、健康を手に入れるために、生活の中に腹筋運動を取り入れましょう。