骨盤の開きチェック

骨盤は、「ゆがみ」だけではなく「開き」もダイエットを妨げる大きな要因となってしまいます。

サイトマップ

骨盤の開きチェック
トップページ > 骨盤のゆがみ > 骨盤の開きチェック

骨盤の開きチェック

骨盤は、「ゆがみ」だけではなく「開き」もダイエットを妨げる大きな要因となってしまいます。骨盤が開けば開くほど、そこに内臓がはまるように下にさがってしまいます。

こうなると消化器官が下のほうで圧迫される形となり、上手く機能してくれなくなるのです。

さらに、骨盤が開くと股関節も開いてしまい、O脚の原因にもなってしまいます。こうなると筋肉のつき方にも問題が出てきて代謝の低下を招き、だんだんダイエットの効果が出にくい体になってしまうというわけです。

あなたの骨盤はどれくらいの開きがあるのか、気になるところですよね。さっそくチェックしてみましょう。

まずは、かたい床の上に、あお向けにまっすぐ寝て下さい。全身の力を抜いて、リラックスしましょう。そして、両足のかかとをしっかりとつけます。

その状態で、左右の足のつま先がどれくらいの角度で開いているかを、チェックして下さい。この時、意識的に足先に力を入れると、正確なチェックができませんので注意!あくまでリラックスした状態で見て下さい。

つま先の開きが大きければ大きいほど、あなたの骨盤の開きも大きい状態になっているといえます。

具体的には、左右のつま先が45度以上開いていれば、あなたの骨盤は開きぎみです。開きが90度以上あるようなら、これはかなり開ききった状態ですね。

早急に、骨盤の引き締め対策をしていく必要がありますよ。また、足の先の開き角度が大きい上に、右と左で足先の傾きの角度が違う、という人は、骨盤に左右のゆがみも発生しているということになります。