骨盤のゆがみによる不調

骨盤がゆがんでいると、骨盤とは関係がないと思っているようなことでも体の不調として、色々と現れてきます。

サイトマップ

骨盤のゆがみによる不調
トップページ > 骨盤のゆがみ > 骨盤のゆがみによる不調

骨盤のゆがみによる不調

骨盤がゆがんでいると体にとって様々な不調な症状が現れてきますが、例えばどんな症状が現れてくると思いますか?基本となる骨がゆがんでいるのですから、様々な支障が出てくることは想像がつくのではないでしょうか。

まず起きる症状としては、生理通があります。生理通や不妊、肌荒れなど女性特有の症状が現れてきます。

骨盤の中にある仙骨は女性ホルモンと関連性が高いですからこの部分がゆがむことによって女性ホルモンのバランスが崩れてしまい生理の周期が乱れたり、肌荒れ、妊娠しにくい体になってしまうので注意しましょう。

そして腰痛も不調の一つです骨盤と腰の骨は連動していますから骨盤がゆがんでいることは腰の骨もゆがみにつながりそれが結果的に痛みとして腰に現れて腰痛になります。

立ったり座ったりすることで腰痛が起きていてどこが痛いのかによってどの部分がゆがんでいるのかは発見可能です。

そして女性に多いのですが便秘の症状も骨盤のゆがみから来ているかもしれません。もちろん他にも原因は色々とあるかもしれませんが骨盤がゆがんでいると、大腸の働きというのは低下してしまいますから、便秘や下痢になってしまいます。

もしあなたが今慢性的な便秘に悩んでいるというのであれば、その原因は骨盤のゆがみから来ているかもしれませんね。

このように、骨盤とは関係がないと思っているようなことでも体の不調として、色々と現れてきます。

骨盤のゆがみの不調というのは一つではなく、本当に様々な症状が現れてきて、それは生活をしていく上でもしかすると邪魔だったりするかもしれませんし辛い症状かもしれませんから早めに解消しなければいけません。