骨盤のゆがみチェック8

自分で骨盤がゆがんでいるかどうか、チェックすることができます。骨盤がゆがんでいると、下半身太りになってしまいますので注意が必要です。

サイトマップ

骨盤のゆがみチェック8
トップページ > 骨盤のゆがみ > 骨盤のゆがみチェック8

骨盤のゆがみチェック8

自分で骨盤がゆがんでいるかどうか、チェックすることができます。骨盤がゆがんでいると、下半身太りになってしまいますので注意が必要です。

また、顔がむくんだり、ゆがんだりしてしまいます。二の腕がタプタプになってしまいます。O脚、X脚など、脚の曲がりも引き起こしてしまいます。

骨盤は、上半身と下半身をつなぐ要の役割をしており、この部分がゆがんでしまうと、体全体に影響してしまいます。見た目だけではなくて、健康的な面でも悩みが生まれてしまうのです。

生理痛、冷え症、肩こり、腰痛などは、骨盤のゆがみが原因のことが多いです。思い当たる症状があるなら、自分でゆがみをチェックしてみるといいかもしれません。

チェック方法はとても簡単です。さらにチェックする方法は複数種類あります。まず、鏡を用意します。まっすぐ立った状態で、肩を映してみましょう。

肩の高さが違っているのなら、骨盤がゆがんでいる可能性があります。次に、脚を映してしましょう。脚の長さが違う場合、やはりゆがんでいる可能性があります。

ウエスト部分を映してみましょう。ウエストのくびれの部分の高さが、左右で違う場合は、ずれている可能性があります。ネックレスをかけてみましょう。

これは鏡に映して1回だけではなく、普段からつけてみます。ネックレスがいつも、同じ方向にずれる場合、骨盤がずれている可能性があります。

自分の靴をチェックしてみて、一方の靴のある部分だけがいつもすり減る場合も、ゆがんでいる可能性があります。