骨盤のゆがみチェック7

骨盤のゆがみをチェックして、健康的な体を手に入れましょう。骨盤がゆがんでいると、太りやすくなります。

サイトマップ

骨盤のゆがみチェック7
トップページ > 骨盤のゆがみ > 骨盤のゆがみチェック7

骨盤のゆがみチェック7

骨盤のゆがみをチェックして、健康的な体を手に入れましょう。骨盤がゆがんでいると、太りやすくなります。

下半身太りに悩んでいて、どんなダイエット方法を試しても改善できないという人は、骨盤のゆがみ解消に目を向けていくといいかもしれません。

骨盤は、全ての体の中心的な役割を果たしています。上半身と下半身のつなぎ目として、重要な役割を果たしています。ですから、ここがゆがんでいると、下半身太りだけではなく、顔のゆがみ、二の腕のタプタプ、ヒップがたれる、O脚など、全身的に影響が表れてしまいます。

冷え症や肩こり、腰痛、生理痛も、骨盤のゆがみが原因で引き起こされることが多いです。ゆがんでいるため、血流が滞って、体が冷えて、これらの症状がひきおこされてしまうのです。

体調のこと、体型のことで悩んでいるのなら、骨盤の状態を自分でチェックしてみるといいかもしれません。腹筋を使って、骨盤がゆがんでいるかどうか、チェックすることができます。

あおむけになって、腹筋だけで起き上がってみましょう。正常な状態なら、腹筋だけで起き上がることができます。

これができないとなると、腹筋力がかなり低下しています。腹筋力が低下すると、腹筋で守られている骨盤が開き気味になってしまいます。

開いた骨盤の中に、内臓が下りてしまっています。これが、肥満や冷え症の原因となってしまいます。

腹筋を鍛えることで、開いてしまった骨盤を、元に戻すことができるようになりますよ。