骨盤のゆがみチェック6

骨盤がゆがんでいると、いろいろな弊害が引き起こされます。例えば、下半身太りは骨盤のゆがみによる代表的な弊害です。

サイトマップ

骨盤のゆがみチェック6
トップページ > 骨盤のゆがみ > 骨盤のゆがみチェック6

骨盤のゆがみチェック6

骨盤がゆがんでいると、いろいろな弊害が引き起こされます。例えば、下半身太りは骨盤のゆがみによる代表的な弊害です。

二の腕のタプタプ、顔のゆがみ、O脚など、体全体に悪影響を及ぼしてしまいます。健康面での弊害も深刻です。女性の場合、肩こりや腰痛に悩まされている人が多いです。

冷え症なども、女性のお悩みとして多い症状です。これらは骨盤のゆがみによって引き起こされていることが多いです。

気になる症状があるのなら、自分の骨盤が曲がっているのかどうか、自分でチェックしてみるといいかもしれません。

正座してみて、骨盤がゆがんでいるのかどうか調べてみる事ができます。正座してみましょう。背筋を伸ばして、正座します。

肋骨の下に親指を、骨盤の上に中指を当てて、その高さ(長さ)を比べます。正常な場合は正常な場合は、高さ(長さ)が同じになります。しかし、どちらかが長い場合は、骨盤が傾いている可能性が高いです。例えば、右側が長い場合は、左側に傾いているということになります。

骨盤のゆがみは、放置しておくと、いろいろなトラブルを引き起こしてしまうので、早めに改善させましょう。骨盤体操をしたりするといいでしょう。

短い時間で、簡単にできる体操が多くあります。ベルトを付けて、骨盤を固定し、正しい位置に戻すのもいいでしょう。つけているだけで、パワーネットの力でゆがんでいた骨盤が元の場所に戻されているので、楽に矯正することができます。