骨盤のゆがみチェック2

それではまず、あなたの骨盤がどのようにゆがんでいるかをチェックしてみましょう。骨盤のゆがみチェック方法はいたって簡単です。

サイトマップ

骨盤のゆがみチェック2
トップページ > 骨盤のゆがみ > 骨盤のゆがみチェック2

骨盤のゆがみチェック2

それではまず、あなたの骨盤がどのようにゆがんでいるかをチェックしてみましょう。骨盤のゆがみチェック方法はいたって簡単です。

足を揃えてまっすぐ立ち、顔は前に向けます。そしてリラックスした状態にして目を閉じ、1分間そのままじっとしていましょう。

そして、体が前後左右いずれかの方向にぐらついたりしないかどうかを見ます。もし、ぐらつきがひどく転倒しそうになった場合は無理にガマンせず、すぐに目を開けて下さい。

転倒してケガをしてしまったら、何にもなりませんからね。

さて、この骨盤のゆがみチェックで、「体が揺れることはほとんどなかった」というなら、あなたの骨盤がゆがんでいる可能性は低いです。

ですが、いずれかの方向にぐらつくような状態になった場合は、まず間違いなく、骨盤にゆがみが発生しています。

一番多いのが、後ろにぐらつくパターンでしょう。これは、骨盤が後ろに傾いているためにバランスがとれなくなるのが原因です。

骨盤が後ろに傾いている人は猫背ぎみの姿勢となり、それが内臓を圧迫するため代謝や消化がスムーズに行われず、基礎代謝量の低下や便秘を招いてしまうのです。

もちろん、他の方向に揺れた人も、その方向に骨盤がゆがんでいるということになりますから、内蔵などに何らかの悪影響を与えていることは間違いありません。

さらに「ぐらつくどころか回転した」という場合は、前後左右いずれにおいても骨盤にゆがみがある可能性が高いということになり、これはかなりの重症です。