歩き方で骨盤矯正

正しい姿勢で歩くことにより、足腰への負担を軽減させ、さらに適度な筋肉をつけていき、骨盤矯正へとつなげます。

サイトマップ

歩き方で骨盤矯正
トップページ > 骨盤矯正 > 歩き方で骨盤矯正

歩き方で骨盤矯正

正しい歩き方を心がけることで、骨盤を矯正できます。歩き方、あるいは立ち方、座り方といった日常生活の動作を、骨盤に負担がかからない方法で行うようにすることで矯正できるのです。

逆に言うと、日常生活で、骨盤に負担がかかるような動作を繰り返していると、骨盤がゆがんできてしまいます。余計にかかってしまう負担のバランスをとるために、骨盤がゆがんでしまうからです。

日常生活で、少し気を付けるだけで改善できるのですから、ぜひ実践したいですね。

骨盤矯正に効果のある、正しい歩き方をご紹介します。正しい姿勢で歩くことにより、足腰への負担を軽減させ、さらに適度な筋肉をつけていき、骨盤矯正へとつなげます。

まず、姿勢をまっすぐにします。背筋をぴんと伸ばします。そして脚をあげます。脚を、腰からまっすぐに前に出します。この時、かかとを地面から離して、膝を折るようにして前に出しましょう。

次に下ろします。下ろすときは、かかとから着地します。足の裏が地面に付いたところで、重心をかかとからつま先へと移動させます。次のステップへの準備です。そして、つま先に重心を移動させたまま、前に出した足に重心を移します。

短い時間でもいいので、正しい歩き方で歩いて、骨盤を矯正させましょう。