骨盤の役割

骨盤は人間の体の中で大切な役割を果たしています。上半身と両足をつなぐ、結合部として機能しているのです。

サイトマップ

骨盤の役割

骨盤の役割

骨盤は人間の体の中で大切な役割を果たしています。人間の骨格の、ちょうど中心にある位置にあります。上半身と両足をつなぐ、結合部として機能しています。ここを中心として、頭蓋骨から、足の先の骨まで、全部つながっているということです。

例えば、骨盤と頭蓋骨の後ろの方にある後頭骨は連動していて、呼吸するたびに、骨盤に合わせて後頭骨も微妙に動いています。骨盤がゆがんでいると、顔のゆがみが引き起こされてしまいますが、このように連動している正常状態が損なわれるのが原因なのです。 

骨盤は複雑な骨が組み合わさってできています。上半身はS字型に湾曲していますが、その上半身の重さをバランスを取りながら支え、また関節と連動し、脚を前後左右に動かしています。

その位置だけではなく、役割からも、骨格の中の「中心的存在」と言えます。

骨盤は、内臓や生殖器などを守る器としての役割も担っています。この器がゆがんでいると、内臓、ひいては体調に不具合が出てきてしまいます。生理痛は骨盤のゆがみによって引き起こされる代表的な例です。そのほかにも、内臓の不調により、肩こりや腰痛、O脚、下半身太りなどの原因は、ほとんどが骨盤のゆがみに関係しています。 

逆のことを言えば、骨盤さえ正常な状態に戻してしまえば、体のあらゆるトラブルが解消可能だということです。骨盤ダイエットは、今とても注目されているダイエット法ですが、骨盤のこれらの機能に着目した点に、人気の秘密がありそうですね。