骨盤は動いている

意外なようですが、骨盤は日常的に動いています。私たちの意思とは関係なく、あるいは私たちの動作に関係なく、上下左右に動いています。

サイトマップ

骨盤は動いている
トップページ > 骨盤について > 骨盤は動いている

骨盤は動いている

意外なようですが、骨盤は日常的に動いています。私たちの意思とは関係なく、あるいは私たちの動作に関係なく、上下左右に動いています。それだけではなく、開いたり、閉じたりしてもいます。

私たちがリラックスしているとき、骨盤が開いています。自然な感じで開き気味になっています。その意味で、安息をとるための睡眠中は、一番開いている時間帯です。自分の好きなことをしているときも、開き気味になっています。好きな音楽を聴いたり、趣味をことをしているときなどです。

反対に、緊張していたり、何かに真剣になっていたりするときは、骨盤が閉じます。勉強していたり、真剣に働いていたり、スポーツをしていたりするときは閉じ気味になっています。ストレスを感じているときも、閉じ気味にあっています。 

このように、気分に応じて骨盤が開いたり、閉じたりするのは自然なことで、健康的な状態と言えます。

しかし、何かの原因によって、常に骨盤が開き気味になってしまうと、いろいろな身体的症状が引き起こされます。常に開き気味になっていると、ぽっこりお腹などの下半身太り、冷え症、生理痛などになり、常に閉じ気味になると、不眠になったり、短期になりやすくなります。

健康な状態とは、適度に閉じたり、開いたりする状態であり、いつも閉じていたり、開いている状態は不健康です。そのため、骨盤ダイエットなどで、骨盤の状態を改善させる必要があります。腹筋力の低下が原因のことが多いので、腹筋を鍛えても改善につなげられます。