骨盤と妊娠・出産

妊娠出産後の女性というのが一番骨盤のゆがみがきついととっても過言ではありませんし、骨盤ダイエットがとても必要なのです。

サイトマップ

骨盤と妊娠・出産
トップページ > 骨盤について > 骨盤と妊娠・出産

骨盤と妊娠・出産

骨盤と妊娠・出産というのは大変関連性が高いです。女性の骨盤というのは出産をするために、男性の骨盤よりも広くなっていて低い場所にあります。

骨盤は1日を通しても開閉しているのですが、妊娠しているときというのは開閉が大きくなっていて、出産が近づけば、更に開くのが大きくなって、出産をするときに一番骨盤は開いているのです。

開いた骨盤は普通は自然に閉じますから妊娠出産中に開いてしまっても、自然に閉じるのが普通です。しかし出産後に骨盤が閉じられないまま骨盤が開いたままになっている人は大勢います。

その結果、出産をしてから冷え性がきつくなったとか、肥満になった、O脚になったなどという話を良く聞くのではないでしょうか。

中でも赤ちゃんのサイズが大きかった人、高齢出産だった人というのは、一度開いた骨盤を元に戻すには時間がかかり、戻りにくい状態であるといわれています。開いたままの場合には色々なことで影響が出てきますから妊娠・出産で開いてしまった場合には元に戻さなくてはいけないのです。

一人目を出産してから開いたままで、また二人目を妊娠出産してしまうと、もう元に戻すには相当な努力と時間がかかってしまいますから、産後すぐに始めれば戻しやすい状態で、自然に戻しやすいですから、骨盤のゆがみを、開いた状態の乙版を自然に戻せるように努力しなければいけません。

妊娠出産後の女性というのが一番骨盤のゆがみがきついととっても過言ではありませんし、骨盤ダイエットがとても必要なのです。