骨盤の成り立ち

骨盤は、多くの骨による、複雑な組み合わせによって形成されています。ここでは骨盤の詳細を確認しましょう。

サイトマップ

骨盤の成り立ち
トップページ > 骨盤について > 骨盤の成り立ち

骨盤の成り立ち

骨盤は、多くの骨による、複雑な組み合わせによって形成されています。

腰椎から続く「仙骨」、左右に羽を広げたような形をしている「腸骨」、それにつづく「恥骨」「座骨」があります。腸骨、恥骨、座骨の3つの骨をあわせて「寛骨」とも言います。それに仙骨の先端にある「尾骨」で、できています。

骨盤は、基本的には固く組み合わされていて、簡単にはずれたりゆがんだりすることはありません。骨盤ががっちり組み合わされているうえに、人体や筋肉によっても支えられています。正常な状態の骨盤は、ハート形をしています。 

ところが、骨盤の関節である「仙腸関節」が、ゆがみを引き起こしやすいのです。仙腸関節は骨盤唯一の関節ですが、これは強い圧力に弱いです。何かの拍子に、強い力で圧力がかかったり、持続的な力が加わったりすると、仙腸関節が開いたり、ゆがんだりしてしまいます。 

仙腸関節が開いてしまうと、まわりの骨も、なし崩しにバランスが崩れてしまいます。ジョイントがずれてしまう感じです。

バランスの崩れをカバーするために、骨盤のゆがみが引き起こされます。骨盤は体の中心的な役割を果たすものであり、ここがゆがんでいると、体全体に影響を及ぼしてしまいます。骨盤が原因で顔のゆがみが引き起こされたり、O脚やX脚などが引き起こされてしまいます。 

だから、体のどこかの部分のトラブルに見舞われたら、まず「骨盤が原因かもしれない」と考えてみるようにしましょう。