産婦人科でも取り入れられている?

骨盤ダイエットは産後に適していることから、産婦人科でも産後ダイエットとして取り入れているところがあるようです。

サイトマップ

産婦人科でも取り入れられている?
トップページ > 産後の骨盤ダイエット > 産婦人科でも取り入れられている?

産婦人科でも取り入れられている?

骨盤ダイエットは骨盤を正常なゆがみのない形状に保つことで、代謝やリンパの流れを正常にし、痩せやすいダイエットに向いた体作りのために人気の高いエクササイズです。

この骨盤ダイエットには過度な食事制限も、キツイ運動も必要ないことから安心して健康にダイエットできるという点から産後のダイエット法として個人はもちろん、産婦人科でも取り入れているところが多いようです。

妊娠中から授乳期にかけて蓄えた脂肪は、燃焼されやすい脂肪のため、産後体調が安定したら徐々に始めるのが大変効果的です。

妊娠して1年以上経った脂肪はドンドン固形化し、手ごわい脂肪と変貌してしまいますので「まだ何とかなるだろう」と安心せずに徐々に準備が必要です。

まずは骨盤矯正を少しずつ行い、適度な運動と矯正により正常な体内バランスを取り戻しましょう。

この骨盤矯正が産後のお母さんに嬉しいポイントは、妊娠中につらかった腰痛やひざの痛みにも効果があるということです。

過度の負担が強いられていた関節のケアにも大変役立ちます。その後、母体の体調を考慮しながら軽いストレッチや軽い食事制限を取り入れるとよいでしょう。

ただし、妊娠中・産後と母体は急激に変化をしてきています。それは骨盤などの子供を産むために変化したものもあります。

また、母乳を与えているお母さんは、必要な栄養とミネラルを摂取する必要がありますので骨盤ダイエットを行う際は、医師に相談し、開始時期や適切な方法をきちんと指導してもらうと安心です。