産後太りと骨盤のゆがみの関係

産後は骨盤が開いた状態になりやすく、それが産後太りの原因となっています。産後は骨盤のケアが大切ですよ。

サイトマップ

産後太りと骨盤のゆがみの関係
トップページ > 産後の骨盤ダイエット > 産後太りと骨盤のゆがみの関係

産後太りと骨盤のゆがみの関係

産後太りと骨盤のゆがみは大変関係性が高いです。

下半身がむくんでいる人、下腹がいつまでたってもぽっこりしたままの人、お腹の周りの脂肪が取れない人、ウエストの括れが取れない人などは、もしかするとそれはただの産後太りではなくて、骨盤のゆがみから来る産後太りなのかもしれませんね。

産後というのはどうしても骨盤がゆがんでしまいます。骨盤のゆがみを直して、内臓の位置をしっかりと正しい場所に戻せば、様々な不調が治るはずです。便秘に悩んでいた人も便秘が解消される可能性が高いのです。

女性は産後になると太るというのは仕方がないことなのでしょうか?産後に体型が戻りにくい人は多いと思いますが、それはジンクスでも何でもなくて、直そうと思えば産後太りは解消させることができます。

産後太りの原因になっていることは妊娠中に増えた体重を戻すことができなかったこと、母乳を出さないといけないということから食事の量が増えたことで太ってしまっているからなのでしょうか。

その原因は人によっても違っていると思いますが、骨盤が開いたままになっていて、それが原因で余計な場所に脂肪が付いてしまい太っているのかもしれません。

女性が産後太りになってしまうのは骨盤が開いていることも関係しているので、赤ちゃんを産んでから産後の骨盤の状態を確認して、しっかりと元の状態に戻すことが大切です。

産後のダイエットは食事制限をするとかよりも、骨盤がゆがんでいることを強制する骨盤ダイエットが最適なのです。