出産後の骨盤の状態

女性は、男性に比べると骨盤が広くやや低めの場所にあります。出産後はどのような状態になるのでしょうか。

サイトマップ

出産後の骨盤の状態
トップページ > 産後の骨盤ダイエット > 出産後の骨盤の状態

出産後の骨盤の状態

出産してから、体型が元に戻らず、下半身太りに悩む女性は多いです。骨盤矯正をして、出産前のような体型を取り戻しましょう。

もともと女性は、男性に比べると骨盤が広くて、やや低めの場所にあります。これは赤ちゃんを産むためです。骨盤は1日のうちで、開閉を繰り返しています。妊娠中は、その開閉幅がより大きくなります。出産するときには、もっとも開きます。

開いた骨盤は通常なら元に戻るのですが、スムーズに元に戻らずに、下半身太りが解消されない女性が少なくありません。開いてしまったままの骨盤は、数々の弊害を生み出してしまいます。

下半身太りのほかに、冷え症やバストダウン、O脚などが引き起こされてしまいますので注意が必要です。

骨盤が開いたまま、元に戻らないケースは、特に高齢出産だったり、大きな赤ちゃんを産んだ女性に多いようです。

出産を機に、体型が元に戻りにくくなったり、冷え症や腰痛などに苦しむようになっても、「年齢のせいだから仕方がない」とあきらめてしまう人も多いですが、これが実は、骨盤のゆがみが原因であると、気づくべきです。

きちんとケアすれば、出産後に引きおこされたさまざまな不快症状も、解消可能なのです。

例えば、ベルトを巻いて、パワーネットの力で骨盤を固定し、開いてしまった状態をもとに戻すことができる、骨盤ベルトがあります。また、自宅で簡単に実践できる骨盤体操もあります。

子育ての合間に、無理ないペースで続けられる運動ばかりですから、ぜひやってみて下さいね。